ウクライナ緊急支援活動へのご協力のお願い

時事
この記事は約1分で読めます。

経団連1%(ワンパーセント)クラブニュース増刊号 緊急支援活動情報

ウクライナ緊急支援活動へのご協力のお願い
経団連1%(ワンパーセント)クラブニュース増刊号 緊急支援活動情報
2022年3月3日
https://www.keidanren.or.jp/announce/2022/0303-114.html

”ウクライナ人道支援寄付 日本企業”で検索すると、有名な大企業が多く出てきます
経団連というお金持ち企業の集まりが呼び掛けているので、大企業の職域で寄付金が募られているようです。

お金持ち企業は、賃金を上げて、景気回復のため、内部留保の使途を考えてほしいものです。
内部留保を新規事業投資や新製品開発につぎ込むなど今後に成長の糧としたほうが良いと経済の専門家が言っています。

これは、大企業に従事している従業員は特に呼びかけかれているのではないでしょうか。

寄付することによって、企業イメージが保持されることもあり、協力企業が多いようだ。

ウクライナ緊急:避難を強いられる家族に人道支援が急務です
https://www.japanforunhcr.org/campaign/ukraine

タイトルとURLをコピーしました