新型コロナウィルスと日本社会、改革の提言

この記事は約2分で読めます。

ある社会学者の提言

 単行本)新型コロナウィルスが人間社会へ残した禍根ー渦中に見いだされたセレンディピティとコロナ世代の可塑性ーの第6章 7.新型コロナウィルス被害産業と医療改革 181頁に
 たとえば月15万円で飲食店で働いていたやる気のある20代の店員に、月20万円の給料を払い、自動車学校のようなコロナ対策用IT医療技術専門学校に通ってもらい、その後は、看護師やレントゲン技師と同様の賃金で雇い、コロナ対策医療用IT業務についてもらう。新型コロナ対策のマンパワーを、新型コロナ被害産業についていた人々から育成する。

 一石二鳥の提言をある社会学者は述べている。

政治家も同様なことをいう

NHKの日曜討論で、政治家も同様なことを述べていたような記憶がある。
新な成長産業へ移行すればよいようなことを述べていた。

 いままで、何度も同じような事を云われてきたが・・・

カンタンにはいかないはず

簡単にいけば、失われた30年とういうこには残らない。
転職を余儀なくされたひとが、そう簡単にうまくいくとは思えない。

ほかにも提言

他にも提言はあるが・・・
政治家が参考にして、議会で新しい感染症法を成立させると良いかも知れない。

引用書籍

新型コロナウイルスが人間社会へ残した禍根-渦中に見いだされたセレンディピティとコロナ世代の可塑性- 単行本(ソフトカバー)

タイトルとURLをコピーしました