陸亀の頭の中はお花畑

日記
この記事は約2分で読めます。

 木曽川水系2級河川の近くの路上で陸亀がひと休みしている。見落としていたら、轢いてしまっていたところだ。
 近づくと警戒し、頭も尻尾も甲羅の中に入れ、警戒し威嚇してる。

路上から安全な場所へ移動

やむを得ないので、隣の畑に移動させた。すぐにその場から立ち去ることにした。

『そんなところで、佇んでるんじゃない。今回は、轢かれずに済んだが、次回はどうなるかわからんぞ!』

お花畑か

 暢気なものである。交通量が少ないところだからと云ってもクルマは通るところで、ひと休みしていては困り者だ。陸亀の頭の中は、お花畑なんだろうか。

国際情勢

 陸亀のことを非難してよいものかどうかが疑問だ。ウクライナ情勢は毎日、ニュースやモーニングショウやワイドショウで取り上げられている。遠い国のでき事だから自分たちには関係ないとしているのかもしれない人も少なくはない。
 ガソリンなど燃料や小麦等の品目は値上がりしています。ガソリン税を一時的に撤廃や特定品目を消費税を免除するなど経済政策がなされないと遠い国の出来事としか捉えていないのだろうか。
 防衛費をNATO諸国と同等の2%にしないといけない等、有事の際に自国の領土・領海・領空と自国の国民を守ることができるのだろうか。
 新型コロナ感染症(COVID19)の対応は、人流を抑止すれば良いのか。
災害なのだから、公助・共助・自助の順で対応していくのが望ましい。

 陸亀のように危険を察知しても何もできないでは、心もとない。次の参院議員選挙でどのようなことが争点になるのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました